プロフィール

mihohaha

Author:mihohaha
~生命(いのち)を生みだす母親は、生命(いのち)を育て 生命(いのち)を守ることをのぞみます~をスローガンのもと、母親・女性の願い、子どもたちのしあわせのために活動しています。
〒102-0084 
東京都千代田区二番町12-1 全国教育文化会館6F
℡  03-3230-1734  
E-mail
tokyohahaoya@educas.jp

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
10月13日  東京土建杉並支部新館ホール  


講演の前に・・・実行委員会方たちによる寸劇「暮らしの中で見えてきた憲法・巷の話題あれこれ」

あらすじは、
市民たちが集まって、憲法とくらしについて話し合い、考えているところに、“やべえ内閣総理大臣” “うそば幹事長” “はじもと市長”がやってきます。

彼らは、戦時標語を使って市民を丸めこもうとしますが、その意図を見破られてしまいます。市民たちは「基本的人」「国民主」で3人に撃ってかかり、「戦争」で掃き出して、勝ちどきを挙げます。

この寸劇、当日二回ほど練習しただけとか。なかなかの名演技に会場は盛り上がりました。       

その後、

「私たちのくらしと憲法・憲法が変わったら 暮らしはどうなるの?」と題して代々木法律事務所の弁護士・渡部照子さんの講演。

ご自分のお母様や身近な数々の例をあげながら、宇宙・人類の誕生から説き起こし、かけがえのない私たちの命の意味を語り、その上で、日本国憲法と自民党草案の根本的な違いを分かりやすく話されました。

いま、自民党が画策している「秘密保護法」集団的自衛権を解釈で可能とする「国家安全保障基本法」が、すすめられようとしている危険について、熱く語って下さいました。

参加者は、国民が知らないうちにそんなことが進められようとしているのかと再認識。

その後会場から質問や、杉並区の「学校給食のアレルギー対策」「小中一貫校」「区立施設再編問題」などについての意見が出され、身近で起きている問題への取り組みをがんばろうと意思統一。

最後に、杉並の母の歌 もみじを歌い、アピールを採択して閉会しました。 
関連記事
スポンサーサイト

2013/10/24(木) 11:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント:
コメント:を投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント:
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバック:する (FC2 blog user only!)

この記事へのトラックバック:


検索フォーム
FC2ブログランキング
ブログランキング参加しました! よろしかったら応援お願いします。
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。